HOME 協会概要 東京宣言2015

東京宣言2015 と SDGs

SDGsとは


東京宣言2015が採択された二ヶ月後の2015年9月25〜27日、ニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

SDGsには、持続可能な世界を実現するため、2030年までにすべての国が達成すべき"17のゴール"、"169のターゲット"、"230の指標"が掲げられています

詳しくはこちら(国際連合広報センター)をご覧ください。

東京宣言2015とSDGs

「東京宣言2015」とSDGsを比較してみると、幾つもの類似点があることに気付かされます。
このことは、GSCがSDGsの達成に向けた化学分野の牽引役であることを示しています。

東京宣言2015
(2015年7月)
SDGsの17目標
(2015年9月)
持続可能な発展をもたらす 持続可能な発展
環境性・社会性・経済合理性を同時に達成 持続可能な経済成長展
より良い健康 健康的な生活を確保
安全、環境、品質、性能、雇用創出へも配慮 生産的な雇用促進
食料と水の確保 食料安全保障・水と衛生の確保
エネルギーの創出と消費 近代的エネルギーへのアクセス確保
資源効率 海洋資源を保全・生産消費形態確保
新興市場 あらゆる場所の貧困を終わらせる
イノベーションへの期待 持続可能なイノベーションの推進
従来の壁を乗り越えて グローバル・パートナーシップ





GSC|東京宣言2015
JACIの取り組み
▲ページの先頭へ