HOME GSCN GSCとは GSCの判定


グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク

GSCの評価

 GSCを推進するためには、研究開発と並行して技術をGSCの物差しで評価することが必要です。GSCNでは、専門のワーキング・グループにおいてGSCの評価尺度の確立を検討し、いくつかの評価手法を提案しました。代表的な評価手法として、簡易型レーダーチャートを用いた「四軸法」を紹介します。
 四軸法は、GSC賞選考の際にLCA(ライフサイクルアセスメント)評価の手法として活用されていました。(現在でもその基本的な指標は、評価基準に反映されています)
 四軸法は、下記の4つの指標で技術を評価します。いずれの指標も標準製品(既存技術)を1とした改善程度を相対値で表します。

(a) エネルギー軸(もしくは、CO2軸)
ライフサイクルエネルギーをMJ(メガジュール)単位で、あるいはライフサイクルCO2をton単位で表現して評価します。

(b) バージン資源軸(Virgin)
金属類は鉄換算で、酸化物はシリカ換算で、石油化学製品は原油換算で、バイオマスは木材換算で評価します。いずれも金銭価値を係数として換算します。リサイクルされた材料はバージン資源軸に含めません。

(c) 埋め立て量軸(Landfill)
埋め立ての体積を?単位で評価します。焼却による中間処理を行う場合は発生CO2量に換算します。

(d) 一般環境軸(Emission)
BOD, COD, NOx, SOx, VOC, 有害固形廃棄物、廃水量などをあてはめます。
 BOD   :生物化学的酸素要求量(Biochemical oxygen demand)は、生物化学的酸素消費量とも
       呼ばれる最も一般的な水質指標。
 COD   :化学的酸素要求量(Chemical Oxygen Demand)は、水中の被酸化性物質を酸化するために
       必要とする酸素量で示したもの。酸素消費量とも呼ばれる。
 NOx, SOx,:窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)の略称。人体に影響を及ぼす代表的な大気汚染物質。
 VOC   :揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)は、常温常圧で大気中に容易に揮発する
       有機化学物質の総称のこと。

結果はレーダーチャートで表します。一例として、第1回GSC賞を受賞した「水性塗装システム(日本ペイント株式会社)」のレーダーチャートを示します。


参考文献
I. Yasui, 有機合成化学協会誌, 61, 419-424 (2003)

(2015年1月29日更新)

▲ページの先頭へ