エネルギー・資源技術部会 エネルギー分科会講演会「新概念“蓄熱セラミックス”と外場スイッチング機能」の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 エネルギー・資源技術部会 エネルギー分科会講演会「新概念“蓄熱セラミックス”と外場スイッチング機能」
日時 2016-04-13 15時00分~18時00分
場所 当協会会議室
概要 受付 14:30~

講演  15:00~17:00 〇

講師: 所 裕子 氏
筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻
准教授

演題: 「新概念“蓄熱セラミックス”と外場スイッチング機能」

要旨: 固体材料における相転移現象は、磁気物性や電気物性などを、
      光や圧力、電場などの外部刺激により自在に操ることができる
      可能性があり、基礎および応用の両面から広く注目を集めている。
      講演者らは、これまでに、相転移理論をもとに特殊な双安定性を
      示す金属錯体や金属酸化物を化学的に合成し、新規な外場応答型
      の相転移現象を見出し報告てきた。特に最近では、蓄えた潜熱
      エネルギーを永続的に保持でき、圧力印加することにより希望の
      タイミングでエネルギーを取り出すことができるという、
      新タイプの蓄熱セラミックス・酸化チタン蓄熱材料を開発した。
      本講演では、これまでに見出してきた新規な機能性を示すシアノ
      金属錯体や金属酸化物について、詳しく紹介する。

  懇親会 17:00~18:00

申込み締切 4月12日(火)
   (定員になり次第、募集を締め切らせていただきます)

参加費・懇親会費について 参加費: 当日受付でお支払いください。
       会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
       上記以外:10,000円
   
懇親会費:無料
募集人数 110 人