先端化学・材料技術部会 新素材分科会 講演会「新しい反応場フェムトリアクターの可能性」の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 先端化学・材料技術部会 新素材分科会 講演会「新しい反応場フェムトリアクターの可能性」
日時 2017-11-08 14時0分~18時0分
場所 当協会会議室
概要 講演(1)14:00~15:25 〇

講師:脇坂 昭弘 氏
    産業技術総合研究所 環境管理研究部門反応場設計研究グループ長
演題:「革新的ナノ材料合成技術: フェムトリアクターの可能性」
要旨:エレクトロスプレー法で生成した極微小液滴の中でナノ粒子の合成制御を
   可能にした革新的技術を紹介します。液体をエレクトロスプレー法で電荷
   を帯びたフェムトリットルスケールの極微小液滴に断片化し、それらの移
   動を電場で制御することにより、極微小液滴を反応場として制御する技術
   (フェムトリアクター)を開発し、化学反応制御の限界に挑戦しています。
   エレクトロスプレー法による液滴のサイズ制御によるナノ材料構造制御技
   術、および量産化への適用について紹介します。


講演(2)15:35~17:00 〇

講師:富永 健一 氏
    産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター 研究チーム長
演題:「フェムトリアクターを用いた有機合成・高分子合成プロセスの可能性」
要旨:フェムトリアクターによって生じる極微小体積、高界面比率、帯電反応場
   といった特異な反応場は、プロセス強化(Process Intensification)
   の観点からすると非常に有用な要素を含んでいます。本講演では、フェム
   トリアクターを用いた有機合成・高分子合成分野への応用例を紹介し、今
   後の可能性についても考えてみたいと思っています。

懇親会 17:00~18:00

申込締切り:2017年11月6日(月)
参加費・懇親会費について 参加費: 会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
      非会員:10,000円 (当日受付でお支払いください。)
懇親会費:無料
募集人数 60 人