電子情報技術部会 マイクロナノシステムと材料・加工分科会 講演会 「生体微粒子分析のプラットフォーム」の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 電子情報技術部会 マイクロナノシステムと材料・加工分科会 講演会 「生体微粒子分析のプラットフォーム」
日時 2018-03-06 14時0分~18時15分
場所 当協会会議室
概要 講演(1)14:00~15:40 〇
講師:山田 真澄 氏
   千葉大学大学院 工学研究院 共生応用化学コース 准教授
演題:「生体粒子分離用マイクロ流体デバイスの進展・応用例と課題」
要旨:細胞と同程度のサイズを有するマイクロ流体デバイスを用いることで,通常のサイズの装置では困難な,正確な細胞分離操作を行うことが可能となる。本発表では,筆者らの研究グループにおける最新の研究例を中心として,合成微粒子や細胞の操作技術について応用例を交えて説明するとともに,産業化における課題についても発表する。
講演(2)15:50~17:10 〇
講師:一木 隆範 氏
   東京大学大学院 工学研究科 マテリアル工学専攻 教授
演題:「マイクロ流路を用いたナノ粒子解析プラットフォーム」
要旨:昨今、基礎生物学や医学/創薬の分野において、エクソソームに代表される10~100nm程度の微小な細胞外小胞が、幅広い注目を集めている。これに伴い、研究者の間で新たなナノ粒子の分析手段を求める声が高まっている。本講演では,筆者らが考案した「マイクロ流路デバイスを用いる免疫粒子電気泳動法の原理」により開発したナノ粒子解析装置を紹介するとともに,生体ナノ粒子計測技術開発の背景や動向について論じる。

 懇親会 17:15~18:15

 申込み締切り 3月5日(月)

※受付は13:30からとなります。
 当協会と受信契約を結ばれている会員企業ではサテライト配信でもご聴講いただけます。
参加費・懇親会費について 参加費:会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html )
非会員:10,000円(当日受付でお支払い下さい)
懇親会費:無料
募集人数 80 人