環境技術部会講演会:「化学物質のリスク評価と管理に関する最近の動向」、「電気・電子製品に関わる環境(化学物質)規制への対応技術について」の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 環境技術部会講演会:「化学物質のリスク評価と管理に関する最近の動向」、「電気・電子製品に関わる環境(化学物質)規制への対応技術について」
日時 2011-09-20 15時0分~18時30分
場所 (社)新化学技術推進協会(JACI) 会議室
概要 講演(1)3:00-4:15pm

講師:恒見 清孝 氏
   産業技術総合研究所 安全科学研究部門 物質循環・排出解析グループ長

演題:「化学物質のリスク評価と管理に関する最近の動向」

要旨:化学物質の暴露解析,有害性評価およびリスク評価の考え方を
   説明した上で、産総研で作成してきた「詳細リスク評価書」を例に
   化学物質のマテリアルフロー解析、排出量推定からリスク評価、
   リスクトレードオフ評価までの具体的な解説、および改正化審法の
   リスク評価や管理の枠組みなどの解説を行う。

講演(2)4:15~5:20pm

講師:竹中 みゆき 氏
   株式会社 東芝 環境推進部 参事(IEC/TC111/WG3メンバー)

演題:「電気・電子製品に関わる環境(化学物質)規制への対応技術について」

要旨:電気電子製品に対する環境規制は、先進国のみならず中国・インドなど
   へと急速な広がりをみせ、電気電子業界ではグローバルな対応が必須で
   ある。さらにサプライチェーン全体での化学物質含有情報の伝達が求め
   られるなど、環境規制は活発な動きを見せている。本講演では、これらの
   最新の規制動向の概要と、それに対する電気電子業界の具体的な取り組み
   や評価技術の開発についてご紹介する。

懇親会 5:20~6:30pm
参加費・懇親会費について 参加費:当日受付でお支払いください。
    会員:無料 (会員リスト:http://www.jaci.or.jp/member_group/index.html)
    コラボレーションメンバー(環境技術部会に登録の方):無料
    コラボレーションメンバー(上記以外の方):5,000円
    上記以外の方:10,000円
懇親会費:無料
募集人数 100 人