「高分子シミュレーション技術セミナー」 2018年度参加者募集のご案内の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 「高分子シミュレーション技術セミナー」 2018年度参加者募集のご案内
日時 2018-06-30 0時0分~0時0分
場所
概要 各 位
                          (公社)新化学技術推進協会
                  先端化学・材料技術部会 部会長 内田 博
                    コンピュータケミストリー分科会
                         主 査            高田 章
                         高分子WG リーダー 岩間 立洋


  先端化学・材料技術部会 コンピュータケミストリー分科会 高分子WG
  「高分子シミュレーション技術セミナー」2018年度参加者募集のご案内

 高分子ワーキンググループ(WG)では、2017年度に引き続き以下の要領で「高分子シミュレーション技術セミナー」を開催いたします。

1.期間 : 2018年4月~2019年3月

2.形態 : 毎月1回、月度例会(適宜、外部講師による講演会を同日開催)。および持ち帰り課題の実施。

3.場所 : 主として、当協会会議室にて開催する。
     中部・関西地区での開催は、参加者の要望を勘案して検討する。

4.内容 : OCTAを用いた応用研究および理論背景の理解
      ※本セミナーで取り組む課題・テーマは、結果の公開を原則とします。

5.趣旨 :
新化学技術推進協会(JACI)の先端化学・材料技術部会コンピュータケミストリ分科会では、コンピュータケミストリ活用技術の発展を目的に、ワーキンググループ活動を行っております。
そのひとつの高分子WGでは、高分子シミュレーション技術を対象とした「ソフトマテリアルのための統合シミュレータOCTA」の習得と活用研究に取り組み、高分子シミュレーション技術セミナーを開催いたします。
技術顧問として、東北大学・川勝年洋先生、山形大学・滝本淳一先生にご参加頂き、理論背景の学習から解析結果の議論まで、幅広く助言していただきます。
本セミナーでは個人、あるいはグループ単位で取り組むテーマを設定していただきます。過去の取り組みテーマとしては、ばね・ビーズモデルを用いた接着・剥離過程やガラス転移挙動の検討、自己無撞着場理論を用いた高分子末端の相構造への影響の検討、相構造と弾性率との関係の調査などがありました。2017年度は、機械学習とOCTAを連携させて、物性予測をテーマとし、学会発表も致しました。
2018年度もさまざまなテーマを企画・募集していきますが、その候補のひとつとして、これまでの分科会活動とOCTAの研究事例を集約した「高分子材料シミュレーション -OCTA活用事例集-」に掲載されている事例のフォローおよび発展的研究をテーマに予定しています。
その他の活動としては、OCTAの背景にある高分子物理学を学ぶことを目的とした勉強会やソフトマター・計算化学の分野で活躍されている外部講師による講演会なども企画します。
さまざまな分野の研究者が、異なる視点でOCTA活用を試みることで、OCTAの潜在能力はさらに引き出されるものと期待しています。
なお、OCTAはフリーソフトウェアとしてインターネットを通じて配布されています。( http://www.octa.jp )
初心者、熟練者を問わず、その活用に意欲をお持ちの多くの方々のご参加をお待ちしています。

6.募集要領
(1) 定員 : 50人
(2) 資格 : 会社または大学・官公庁に所属し、ソフトマテリアルの研究に携わっている理論、実験および計算科学者
(3) 年参加費 :
  ・当協会会員およびコラボレーション・メンバー:無料
  ・その他:5万円/1名
(4) 申込方法:
 本ページ下「申し込み」より必要事項を記入しお申込みください。
   (2017年度の登録者の方も改めてお申込み下さい)

 ※4月以降の例会案内は別途掲示しますので、年間参加登録をメールで行った後に、HPから毎月例会の参加申込みをしてください。


内容に関するお問い合わせ:
  (公社)新化学技術推進協会 事業部
   e-Mail: event@jaci.or.jp

参加費・懇親会費について
募集人数 50 人