H30年度第1回特別フォーラムの詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 H30年度第1回特別フォーラム
日時 2018-05-28 14時0分~18時10分
場所 当協会会議室
概要 1.ご挨拶
 このたび、国連グローバル・コンパクト ボードメンバーであり、一般社団法人
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン 代表理事の有馬 利男様、
並びに、金融SDGs研究会のメンバーであり、株式会社QUICK ESG研究所
リサーチヘッドの中塚 一徳様をお招きし、「SDGsとESG投資」をテーマに
特別フォーラムを開催いたします。

2.プログラム
 13:30  受付開始
 14:00~15:30 ご講演①(質疑応答込)
    演題:「これからのCSR経営」  〇
    要旨:「企業は何のために存在するのか?」この企業の原点が、今改めて問
       われている。静かに広がりを見せ始めた「SDGs」は、人類共通の
       課題とゴールを企業に突き付けており、「ESG投資」は投資者の側
       の短期収益から持続性へのシフトを示している。 一方で企業は、
       収益による「社会貢献」から、本業を通じて社会への責任を果たす
       「CSR経営」へとシフトしてきたが、社会は今企業に更なる変化を
       求めている。企業経営の現状と今後の方向性について考えてみたい。
 15:30~15:40 休憩
 15:40~17:10 ご講演②(質疑応答込)  〇
    演題:「ESG投資の潮流~ESGの観点から見た企業の持続的成長力~」
    要旨:ESG投資という言葉を目にする機会が増えている。昨年7月には、
       GPIFがESG指数の運用を開始、11月には経団連が企業行動
       憲章を改訂、今年3月には全銀協が行動憲章を改訂し、それぞれ
       ESG、SDGs(持続可能な開発目標)を推進することが盛り込ま
       れた。講演では、ESG投資が生まれた背景、ESG投資は何を目
       指しているのか、2015年に国連が提唱したSDGs(持続可能な開発
       目標)との関係をどう位置付ければよいのか等をグローバルな視点で
       整理する。そして、特にESG課題に取り組む機関投資家の具体的なア
       クションを紹介し、企業に及ぼす影響を考える。
 17:10~18:10 懇親会

3.参加申込み:本ご案内の末尾、【申し込み】ボタンを押してお申込みください。

4.募集締切 5月27日(日) 23時
  但し、定員になり次第、申込を締切らせていただきますので、ご了承ください。

お問い合わせ:当協会 事業部 event@jaci.or.jp
参加費・懇親会費について 無料(会員)、10,000円(会員外)
募集人数 100 人