2030年に向けたサーキュラーバイオエコノミー関連新技術の展望@オランダ バイオマス分科会の詳細


申し訳ありませんが、受付は終了しました。


イベント名 2030年に向けたサーキュラーバイオエコノミー関連新技術の展望@オランダ バイオマス分科会
日時 2019-02-27 15時0分~17時30分
場所 当協会会議室
概要      2030年1次原料の50%削減を目指すオランダにおける
     サーキュラーバイオエコノミー向け新技術に関する最新情報動向
   -Update on Emerging Technologies in Dutch Circular Bioeconomy
    based on 50% reduction of primary raw materials by 2030-


15:00~16:30 講演〇  講演は日本語で行われます。

「2030年1次原料の50%削減を目指すオランダにおける
  サーキュラーバイオエコノミー向け新技術に関する最新情報」
「Update on Emerging Technologies in Dutch Circular Bioeconomy
      based on 50% reduction of primary raw materials by 2030」

Mr. Willem Jan van Asselt
Business Development Manager, Brightlands Chemelot
オランダでは、「2030年に1次原料(化石資源、鉱物)を50%削減」を目標に掲げる
政府の方針を実現させるために、サーキュラーエコノミーに関する様々な新規な技術開発、
ビジネス開拓が進められている。本講演では、オランダにおけるサーキュラーエコノミーに
関連する様々な技術やプロジェクトの最新動向を紹介するとともに、
高い削減目標を実現するための技術革新の必要性について解説する。

16:30~17:30 懇親会

参加費・懇親会費について 会員:無料(会員リスト:http://www.jaci.or.jp/about/page_06.html)
       上記以外:10,000円 当日受付でお支払いください。

懇親会費:無料
募集人数 120 人